プロフィール

しろくま
しろくま
はじめまして、しろくまです。本サイトは、英語苦手な社会人が英語力をアップさせるための情報を提供するサイトです

ぼくはTOEIC205点から始まり、現在TOEIC710点です。
700点を超えるまでに10年以上かかっています。

しろくま
しろくま
会社が設定している昇進スコアが必要な時にクリアしようとしていたら、凄い時間がかかってしまいました。。

僕はTOEICスコアをとるために相当遠回りをしてきました。これからTOEIC学習する人には、ぜひ最短距離でスコアを取って欲しいと思います。

>>しろくまのTOEIC受験履歴

英語学習の情報は、世の中にあふれています。中には、科学的に効果が証明されている方法もいくつもあります。ただ、僕が10年以上TOEICに苦しめられてきた経験からすると、英語学習の効果的な方法は個人差が大きいです。

自分の英語力の何が課題で、どんな学習を、どれくらいの時間やればよいのか?
英語コーチングは、短期間で最大効率を出したい英語学習者の助けになります。

このブログが、昔の僕と同じようにTOEICで苦しむ人の希望になれば嬉しいです。

しろくまの悲惨な英語エピソード

中1の二学期で落ちこぼれる

英語の勉強の仕方がわからず、中学校に入学して半年も経たずに落ちこぼれに。
親が心配して英語の塾に行かせるものの、学校よりハイレベルな授業にもちろんついていけず、余計に英語が嫌いになる。

英語の授業=睡眠の時間

英語が何もわからないため、英語の授業は全て睡眠にあてる。
結果、英語を聞くと反射的に寝てしまう呪いがかかる。
いまも呪いは継続しており、英文法の解説動画を観ていると50%の確率で寝落ちします。

就職活動の英語試験は全落ち

就職活動をしているときに、英語の試験があった日系の企業は全て筆記試験で落ちる。
なぜか、英語の試験がなかった外資系企業に通り、英語苦手なのに外資系に就職。
以降、昇進のたびにあるTOEICスコアに苦しめられる。

英語が通じず凍えながら過ごす

新人の頃に海外研修があったのですが、地獄でした。
ホテルの部屋のエアコンの設定が壊れていてクーラーガンガンで風邪をひきそうに。
意を決してフロントに電話するも全く英語が通じず。一晩、凍えながら過ごす羽目に。
(次の日、日本人の同僚に通訳してもらいました)

しろくま
しろくま
英語が嫌いで関りたくなかったのに、まぐれで受かった外資系企業に入社してしまい、英語にずっと苦しめられています。

しろくまのTOEIC受験履歴

TOEIC受験1回目(2005年)

社会人になり、入社後TOEICを受ける事に。
ここから、僕のTOEICとの付き合いが始まります。

入社後初のTOEICは205点でした。。全くわからないため、ほとんど勘でマークシートを埋めていました。

TOEIC205点
しろくま
しろくま
2時間のテストは全く集中力が持たず、途中で寝ました

TOEIC受験2回目(2006年)

2006年:TOEIC対策本を読んで対策した結果、480点。

TOEIC480点

この時に利用していた本は、ロバート・ヒルキというTOEIC指導エキスパートの本です。(僕が購入した本は既に販売されていないのか、見つかりませんでした)

TOEIC受験3回目(2006年)

TOEIC対策本を1冊やって良い点数がとれたので、今のうちに管理職への昇進条件である600点をクリアしようとチャレンジした3回目。

TOEIC450点

なんと点数が下がってしまい、450点でした。

しろくま
しろくま
スコアが下がると結構凹みます

TOEIC受験4回目(2006年)

このままでは、600点をクリアできないと思い、1週間の超短期TOEIC対策講座に参加しました。
いわゆるTOEIC対策のテクニックを集中して学びました。

bothだったらand
neitherだったらnor

みたいな、TOEICの問題と解答パターンを覚える方法です。

1週間詰め込んだ成果もあって、555点でした。

TOEIC555点

目標の600点はとれず。。

TOEIC受験5回目(2007年)

やはりTOEICのテクニックだけを学んでも600点は厳しいと思い、中学英語からやり直すことに。
この時使っていた本がコチラです。

中学1年生で英語に挫折していた僕には、とても役に立ちました。
aとtheの違いといった初歩から学ぶことができるので、英語を1からやり直したい人にオススメできます。

しろくま
しろくま
文法の説明と問題のバランスが丁度良かったです。

中学英語からやり直して受験した5回目のTOEICは、540点。

TOEIC540点

なんと、スコア下がってしまいました。。

学習したからといって、スコアに即反映されないのがTOEICの厳しいところ。。
しょせん付け焼刃の学習では、600点を取る事は出来ないと思い、ここから7年ほどTOEICから遠ざかります。。

TOEIC受験6回目(2014年)

2014年:管理職への昇進時期が差し迫り、TOEIC学習を再開することに。
いままで、直前の1か月間くらいしか学習していなかったため、3か月間集中的に学習をし、なんとか600点を超える事ができました!

TOEIC615点

この時は、公式問題集を何度も繰り返し学習していました。

しろくま
しろくま
600点を超えるまでに、10年以上かかってしまいました。。

TOEIC受験7回目(2015年)

次の昇進に必要な650点をクリアするために、1年後にTOEIC学習を再開。
前回の教訓を活かし、公式問題集を繰り返し学習

結果は、650点!無事、目標をクリアできました。

TOEIC650点

TOEIC受験8回目(2019年)

管理職になってから、次の職位にあがるためのTOEICスコアが常に設定されており、次の目標は700点。
公式問題集をひたする解くやり方では700点のクリアは難しいと思い、改めて英語を基礎から学習することに。

ちょうどスタディサプリが話題になっていた頃だったので、スタディサプリENGLISHのTOEICテスト対策で学習しました。

4か月間ほど勉強した結果は、655点。

TOEIC655点

前回から、5点アップ。。やはり、全く勉強しないと英語力が落ちるので、4か月間勉強をしてようやく4年前の英語力に戻りました。

しろくま
しろくま
4年間のブランクを4か月勉強して戻す。めちゃくちゃ非効率です(涙)

TOEIC受験9回目(2020年)

前回のTOEICでは700点をクリアできなかったものの、手ごたえは感じていたので、引き続きスタディサプリENGLISHのTOEICテスト対策で学習を続けることに。

TOEIC710点

なんとか、710点をとることができました。

しろくま
しろくま
650点から700点までが一番学習が大変でした。
はりねずみくん
はりねずみくん
英語学習は継続しないと元に戻るので、必要なTOEICスコアが取れるまで学習を継続した方がいいよ