英語学習法

オンライン英会話の初心者が撃沈する原因と対策

「うわ~、オンライン英会話やってみたらなんにも話せず終わった・・」

期待に胸をふくらませてはじめたオンライン英会話。いざレッスンがはじまると講師の話が聞き取れない。あせって頭がパニックになってるところに講師が質問をあびせてくる。何かを答えようとするも、緊張で口がぱくぱく動くだけ。そうこうしているうちにレッスンが終了。思っていたことの10分の1もしゃべることができず、自己嫌悪だけが残る。

オンライン英会話初心者がはじめてレッスンを受講すると、このように「撃沈」してしまうことがあります。せっかくお金を払って始めたオンライン英会話、できることならこのようなことにはなりたくないですよね。

この記事では、留学経験なし、独学で英検1級、TOEIC890点を取得した私が、オンライン英会話で撃沈してしまう原因と対策について解説します。

オンライン英会話初心者が撃沈する3つの原因

オンライン英会話の初心者が撃沈する原因は以下の3つです。

  • 自主性の欠如
  • 準備不足
  • フリートークレッスンの選択

自主性の欠如

「レッスンを申し込んで、当日レッスン受ければなんとかなるだろ」

こんな人まかせの姿勢ではオンライン英会話で十分な成果を出せずに撃沈してもしかたありません。

なぜなら、オンライン英会話は英語学習の一部であり、すべてをカバーしているわけではないからです。

オンライン英会話では時間が限られています。その限られた時間で会話のキャッチボールをして十分な学習成果を出すためには、予習、復習が欠かせません。

予習→レッスン→復習のサイクルができて、はじめてオンライン英会話の効果が発揮されると考えてください。

耳で聴くだけ、映像を見るだけ、オンライン英会話を受けるだけ、こんな受け身の姿勢はもうやめましょう。

準備不足

事前の準備が不十分な場合は、オンライン英会話をしても講師とのやりとりがスムーズに進まず、撃沈してしまう可能性が高いでしょう。

ただでさえ、普段接することのない外国人を目の前にして緊張しているのに、事前準備が不足していれば頭の中はまっしろになって当然。会話のやり取りが困難になり、沈黙の時間ばかり過ぎていきます。

このような事態を避けるためには、やはり事前の十分な準備が欠かせません。

フリートークレッスンを選択する

オンライン英会話の花形ともいえるフリートークレッスン。ネイティブの講師と英語で自由自在に会話して楽しいひとときを過ごす姿にあこがれますよね。

しかし、初心者にとってはこのフリートークレッスンはハードルが高く、撃沈してしまう可能性が高いので要注意です。

フリーということは話すことが事前に決まっていないということなので、話題が何になるか、レッスンが始るまでわからないということです。

なんとか講師のいうことが聞き取れたとしても、それが自分になじみのない話題だったらどうしますか。日本語で対応するのも苦労するのに、まして英語で。

撃沈してしまうのが容易に想像できますね。

ですから、初心者はフリートークレッスンの選択に慎重になる必要があります。

オンライン英会話初心者が撃沈しないための4つの対策

オンライン英会話初心者が撃沈しないためには以下の4つの対策があります。

  • 事前準備をしっかりおこなう
  • フリートークレッスンを選択しない
  • リスニングの勉強をあらかじめしておく
  • わからないときは沈黙せずに質問する

事前準備をしっかり行う

レッスンが始まるまでに教材を読み込んで内容を理解しておきましょう。もちろん単語や熟語は調べてわからないところがないようにしておきます。

またレッスン初回は自己紹介が必ずあるので、聞かれそうなことはあらかじめピックアップしておいて英語で話せるようにしておきましょう。

レッスン中の緊張した状況でも話せるように暗記するまで繰り返します。

以下が自己紹介でよく聞かれる事柄です。

  • 名前
  • 出身地・居住地
  • 仕事
  • 趣味
  • なぜ英語を勉強しているのか
  • 好きな国、行ってみたい国、行ったことのある国

フリートークレッスンを選択しない

初心者がフリートークレッスンを選択すると、なにも話せず撃沈してしまう可能性が高いので、最初は教材を使用するレッスンを選択しましょう。

教材を使用するレッスンではあらかじめ何を話すかが決まっているので、事前準備をしておけば撃沈することはありません。

しっかり予習して教材の内容を把握しておきましょう。

リスニングの勉強をあらかじめしておく

初心者の場合、日本式の「カタカナ英語」に慣れてしまっていると、ネイティブの発音に戸惑ってしまうかもしれません。例えば、マクドナルドはそのまま日本式に発音すると日本に住んだことのないネイティブには通じないです。

ですから、レッスンを受ける前に実際の英語の音声を聴いて耳を慣らしておいた方がよいでしょう。

今はインターネットの発達により無料で英語の動画や音声を手に入れることができます。「英語 初心者」などのキーワードで検索すれば、初心者向けにゆっくり話す動画や音声が見つかるので、その中から自分の気に入ったものを聴いて耳を慣らしましょう。

おすすめの動画の1つは VOA Learning English です。 

VOA Learning English ではネイティブが非ネイティブ向けにゆっくり話してくれるので、英語初心者でも聞き取りやすいです。

わからないときは沈黙せずに質問する

教材を使用するレッスンを選択し事前準備をしてレッスンを受講すれば、撃沈する可能性は低いでしょう。

しかしそれでもレッスン中に講師の言っていることが聞き取れないことがあれば、沈黙せずに質問しましょう。

質問からはじまるやり取りは、あなたの英語力をアップする絶好の機会です。

どのように質問すればいいかは、以前に「オンライン英会話で何言ってるかわからないときの対処法と解決策」に書いたので参考にしてみてください。

撃沈したくないなら英語コーチングという学習法も

筋トレなどのトレーニングを行う場合、一般的なジムに通うほかに「パーソナルトレーニング」という方法があります。

近年「ライザップ」のCMで急速に知られるようになってきました。

一般的なジムとちがって、パーソナルトレーニングではトレーナーが事前に利用者からヒアリングを行って弱点を把握し、一人一人に最適なトレーニングプランを作成します。

また、トレーニングだけでなく食事や生活指導も行い、指導通りに行われているか随時チェックし、プランが確実に実行されるようサポートします。

英語コーチングはこのパーソナルトレーニングの英語版です。

受講者に一人一人にコーチがつき、最適の英語学習プランを作成します。そして、そのプランを確実に遂行できるようレッスン以外の学習、生活管理まできめ細かにサポートしていきます。

オンライン英会話より費用はかかりますが、コーチの徹底したサポート、高い目標達成率を考えると十分に見合う投資と言えます。

この機会にぜひ英語コーチングの導入を検討してみてください。

当サイト独自に英語コーチング(22社)をランキング。あなたにピッタリの英語コーチングサービスをツールで診断!気になる方は「英語コーチングのおすすめ比較ランキング」をご覧ください。

まとめ

オンライン英会話初心者が撃沈するには3つの原因がある

  1. 自主性の欠如
  2. 準備不足
  3. フリートークレッスンの選択

オンライン英会話初心者が撃沈しないための4つの対策

  1. 事前準備をしっかり行う
  2. フリートークレッスンを選択しない
  3. リスニングの勉強をあらかじめしておく
  4. わからないときは沈黙せず質問する

より高い効果を期待できる学習法として、生徒一人一人に適したプログラムを用意できる英語コーチングがある。

ABOUT ME
三田康弘
留学経験なし、独学で英検1級、TOEIC890点を取得する。現在もスコアアップを目指して英語学習を継続中。将来は通訳ガイドになって日本の魅力を外国人に紹介したいと思っている。趣味は筋トレ。本格的にトレーニングを始めてから半年でボディコンテストの某地方大会で5位入賞を果たす。
\あなたに最適な英語コーチングスクールを診断/
無料診断をする
\あなたに最適な英語コーチングスクールを診断/
無料診断をする