英語学習法

オンライン英会話が辛いと感じる原因とその対策

オンライン英会話が辛いと感じる原因とその対策
初心者

最近オンライン英会話が辛くて・・

筆者

辛いのには原因があるはず、

原因を明らかにして対策すれば大丈夫!

「あ~あ、オンライン英会話やりたくないなあ。」

せっかく始めたオンライン英会話だったのに、こんな気持ちになってしまってはせっかくのレッスンが台無しですね。

オンライン英会話を始めたころはやる気に満ちあふれていたのに、いつのまにかレッスンを受けることが苦痛になり、辛いと感じてしまう。。

そんなネガティブな気持ちでレッスンを受けても思うような効果は得られません。

早急になんらかの対策をする必要があります。

今回はオンライン英会話を辛いと感じてしまう原因とその対策について、留学経験なしで英検1級、TOEIC890点を取得した私が解説していきます。

これを読めば、辛い気持ちから解放され、楽しんでレッスンを受けられるようになりますよ

オンライン英会話が辛いと感じてしまう5つの原因

オンライン英会話が辛いと感じる原因は以下の5つです。順番に解説していきます。

  1. 目的があいまい
  2. 講師との相性が悪い
  3. 毎日行うレッスン
  4. 時間に追われている
  5. 完璧主義

目的があいまい

オンライン英会話を受講する目的があいまいだとレッスンを受けるモチベーションを維持することが難しくなります。

なんとなくレッスンを受けているだけで英語が上達することはありません。

「聞き流すだけ」「見るだけ」で英語が話せるようになることはないのです。

英語が話せるようになるには予習→レッスン→復習というサイクルを継続していく必要があります。

明確な目的を持たないままレッスンを受けてていては、この地道なサイクルを継続していくことは難しいでしょう。

講師との相性が悪い

講師との相性が悪いとやる気がそがれてしまい、レッスンを続けるのが辛くなってしまいます。

残念なことに講師の中にはアルバイト感覚で、プロ意識に欠ける者もいるようです。このような講師のレッスンを受けることになった場合、自分の希望するようなレッスンにならず、不満ばかりがたまってしまうこととなります。これではレッスンを受けることが苦痛になってもしかたありません。

毎日行うレッスン

毎日予約を入れてレッスンを受けることもレッスンが辛くなってしまう一因です。

毎日レッスンを受けることは英会話が上達するためには非常によいことのように思えます。

しかし、毎日レッスンを受け続けることが目的化してしまうと、休むことに対して罪悪感が生じてしまい、プレッシャーを感じることになりかねません。

プレッシャーを感じてしまうと、レッスンに集中することが難しくなります。

その結果、レッスンを受けることが辛くなってしまうのです。

時間に追われている

忙しい人がオンライン英会話レッスンを受講すると辛くなってします可能性があります。

仕事や家事に追われている人がなんとか時間をやりくりしてオンライン英会話を受けても、疲労困憊でレッスンに集中できません。

集中できないとレッスンの内容が頭に入らず上達も頭打ちに。その結果、レッスンを受けるのが苦痛になり、レッスンから遠ざかることになってしまいます。

完璧主義

すべてを完璧にこなそうとする人もオンライン英会話が辛くなってしまう可能性が高いです。

一見すると完璧主義はすばらしいことと思えますが、なにかを始めたばかりの人にとって、ものごとを完璧にこなすということは難しいことです。

初心者はいろいろと失敗をしながら学んでいくもの。失敗を許せない完璧主義者はレッスンをうけるたびに自己嫌悪におちいり、しだいにレッスンを受けることが辛くなってしまいます。

オンライン英会話が辛いと感じるときの5つの対処法

オンライン英会話が辛いと感じるときの対処法は以下の5つです。順番に解説していきます。

  1. 目的を明確にする
  2. 講師を代える
  3. レッスンの頻度を下げる
  4. レッスンを受講する時間帯を変える
  5. 話せなくてもいいんだと気楽にかまえる

目的を明確にする

まずオンライン英会話をする目的を明確にしましょう。

英会話のレッスンを受けようと思う動機の代表的なものは以下の通りです。

  • TOEICやTOEFLなどの資格試験のスコアアップ
  • 将来海外留学したいと思ってるのでその準備として
  • 大学の英語の授業のサポートとして
  • 海外旅行に行った際に現地の人とコミュニケーションを取りたいから
  • 仕事で外国人とコミュニケーションする必要があるため

あなたの目的は何でしょうか。なんとなく英語をはなせるようになりたいと思って受講した人はぜひもう一度、自分の目的を考えてみましょう。目的が具体的になればなるほど、あなたの学習モチベーションは上がります。

講師を変える

講師と相性が悪いと感じている人は思い切って講師を変えてみましょう。

講師については「オンライン英会話で全然話せない理由とその対策」に詳しく書いているので参照してください。

レッスンの頻度を下げる

レッスンを毎日受講していて辛いと感じているなら、レッスンを受ける頻度を下げてみましょう。

一日おきに受けてみる、あるいは週末だけ受けてみる。いろいろなパターンを試してみて、自分にとって最も無理なく受けられるペースでレッスンを受講しましょう。

大事なのは毎日行うことではなく、途中でやめることなく継続して学習することです。

自分に合ったペースでコツコツと積み重ねていきましょう。

レッスンを受講する時間帯を変える

仕事や家事で忙しく、疲労している状態でレッスンを受けているのであれば、レッスンを受講する時間帯を変えましょう。

おすすめの時間帯は早朝です。

早朝であれば、起きたばかりなので疲労のないクリアな状態でレッスンを受けることができます。

また、周囲が寝静まっていて静かな環境でレッスンを受講できるので学習に集中できます。

早寝早起きになるので健康にもよいです。

一日のスケジュールを見直して、ぜひ早朝レッスンを導入してみてください。

話せなくてもいいんだと気楽にかまえる

間違ってもいいんだと気楽に考えてレッスンを受けましょう。

「文法を正しく使って答えないと」「ちゃんとした英語で話さないと」このような考えでレッスンを受けると疲弊してしまい、レッスンが辛いものになってしまいます。

英語の初心者がうまくコミュニケーションをとれないのは当たり前です。

それにもかかわらず、正しい英語で話そうと意気込み過ぎると、レッスンが楽しくなくなり、どんどん苦痛になっていきます。

「自分は初心者なので英語を話せなくて当たり前なんだ」と気楽な気持ちでレッスンを受けましょう。

大丈夫、講師の方もあなたの英語を受け入れてくれますよ。

オンライン英会話が辛いと感じるなら英語コーチング

初心者

英語コーチング?

筆者

パーソナルトレーニングのように

1対1で英語学習をサポートしてくれるよ!

オンライン英会話が辛いと感じている方は英語コーチングを検討してみてはいかがでしょうか。

現在、筋トレなどフィットネスの世界ではかなり普及している「パーソナルトレーニング」。

トレーナーがマンツーマンで指導をすることで密度の濃いトレーニングが可能となります。またトレーニングだけでなく、食事や日常生活まできめ細かにアドバイス、管理することで大きな成果を上げています

英語コーチングは英語学習のパーソナルトレーニングです。

受講者一人一人にコーチがつき、その人に合った最適の英語学習プランを作成します。そして、そのプランを確実に遂行できるようレッスン以外の学習、生活管理まできめ細かにサポートしていきます。

コーチはいずれも大学や大学院で言語学を修得した外国語学習のプロ。学習方法や教材について熟知していてアドバイスが的確なので英語学習について迷いがなくなり、より集中した学習が可能になります。

オンライン英会話より費用はかかりますが、コーチの徹底したサポート、高い目標達成率を考えると十分に見合う投資と言えます。

回り道をすることなく最短で目標を達成したいと考えているなら、ぜひ英語コーチングの導入を検討してみてください。

英語コーチングの体験談は《STRAIL 体験談》実際に3か月間のコーチングを受けた効果と感想で詳細を紹介しています。

まとめ

オンライン英会話が辛いと感じてしまう5つの原因

  1. 目的があいまい
  2. 講師との相性が悪い
  3. 毎日行うレッスン
  4. 時間に追われている
  5. 完璧主義

オンライン英会話が辛いと感じるときの5つの対処法

  1. 目的を明確にする
  2. 講師を代える
  3. レッスンの頻度を下げる
  4. レッスンを受講する時間帯を変える
  5. 話せなくてもいいんだと気楽にかまえる

より高い効果を期待できる学習法として、生徒一人一人に適したプログラムを用意できる英語コーチングがある。

当サイト独自に英語コーチング(22社)をランキング。あなたにピッタリの英語コーチングサービスをツールで診断!気になる方は「英語コーチングのおすすめ比較ランキング」をご覧ください。

ABOUT ME
三田康弘
留学経験なし、独学で英検1級、TOEIC890点を取得する。現在もスコアアップを目指して英語学習を継続中。将来は通訳ガイドになって日本の魅力を外国人に紹介したいと思っている。趣味は筋トレ。本格的にトレーニングを始めてから半年でボディコンテストの某地方大会で5位入賞を果たす。
\あなたに最適な英語コーチングスクールを診断/
無料診断をする
\あなたに最適な英語コーチングスクールを診断/
無料診断をする