英語学習法

TOEICで点数が取れなくて悩む人の特徴とは?勉強方法を変えてみよう

TOEIC 点数 取れない
  • 一生懸命勉強しているつもりなのに、なぜかTOEICの点数が伸びない
  • 周りはもっと良い点数を取れているようなので、あせってしまう
  • 学習方法を変えたほうが良い気がするけど、どうやって変えたらいいの?

この記事では、TOEICでなかなか点数が取れなくて悩んでいるあなたのために、伸び悩みの原因について解説します!

筆者

私は当初TOEIC300点だったところから930点まで伸ばすことができましたので、学習の方法としては良かったのではないかと思っています。

そんな私から、効率的な学習方法について、説明させていただきます!

社会人の英語学習は、学習効率が大事!ボクも効率にこだわって英語コーチングを活用しましたが、じつは無料で英語学習の効率をあげる方法があります。コチラの動画で今だけ無料公開中なので気になった方はどうぞ。
> 無料動画を見る

TOEICで点数が取れない人の特徴3選

なかなかTOEICで点数が取れないというお悩みを聞いていると、TOEICスコアを最短ルートで伸ばしたい気持ちが強い方が多いです。

急ぐあまりに、学習は「表面をなぞっているだけ」になっている場合が多いように感じます。

私が考える「TOEICで点数が伸び悩む人」にはこんな特徴をお持ちの方が多い印象です。

  • 目先のスコアアップだけを考えている
  • 基礎学習が足りていない
  • 毎日学習していない

順に説明します。

目先のスコアアップだけを考えている

TOEIC対策なんて存在しない

よく、「TOEIC対策」という言葉を耳にしますね。

筆者

でも私は本当は、「TOEIC対策」などというものは存在しないと思っています。

というのも、TOEICも英検もどのテストでも結局、基礎は同じ「英語」であり、学習を基礎から積み上げていけば、勝手にスコアは上がっていくものと感じているからです。

しかし世の中には、「リスニングのほうがスコアを上げやすい」「パート1対策」など、表面的な対策をおすすめする情報が多いことも事実です。

TOEICスコアアップよりも英語力のアップを目指そう

たぶん、英語ができるようになりたいわけではないけれど、なんらかの理由でとにかくTOEICスコアを上げる必要に迫られている方は、表面的な対策に頼ってしまう傾向があるのではないかと思っています。

筆者

それはもちろん悪いことではありません。語学学習が好きな人間ばかりではありませんから。

しかしながら、TOEICをある程度のレベルにしたければ、もうちょっと英語という言語に真剣に向き合うことが必要です。表面的な対策をなでるのではなく、「英語ができるようになりたい!」という気持ちを持って学習してみることが必要です。

基礎学習が足りていない

TOEICの公式問題集にはよく取り組んでいて、何度もテストを受けているのに伸び悩んでいる場合は、基礎的な学習が足りていないことが多いです。

TOEICの場合確かに「テスト形式への慣れ」は必須です。自分の解けそうな問題を見極めて逃さないように、回答の仕方を計画して埋めていくことが大切です。

筆者

過去問を何度も解くことは大変有効な対策であることは事実です。

ですが、その訓練をするのはテスト直前だけの話です。

普段からそのような傾向で勉強していると、英文の性質が全く頭に入ってきませんので、これまた表面をなぞっているだけの状態になってしまいます

英語学習には質が大事

「量が質を凌駕する」という言葉がありますが、英語学習の場合は質も大事です。

一日一日はとにかく「質」を重視し、「量」は日々の積み重ねによって蓄えていく姿勢が大切です。

「質」というのは具体的にいうと、文法学習や英文の精読になります。

筆者

結果を急ぐあまりにここを飛ばしてしまうと、スコアは伸びません。

毎日学習していない

筆者

TOEICスコアを伸ばすための一番のポイントはここです。

とにかく数分でもいいので毎日学習に取り組むことです。英語に限らず語学学習全般にいえることだと思うのですが、初心者の場合は特に、勢いも大事です。

ある一定期間は「ヒマな時間はほとんど英語のことを考えている」ぐらいの状態にしないとその後の大きな伸びは期待できないと思います。そのためには毎日取り組むことが大事です。

毎日やれば面倒じゃなくなる

例えばの話ですが、毎日歯磨きするのが面倒でやらなくなってしまう人はあまりいないですよね。

歯磨きはなぜ続けられるかというと毎日やっているからです。
これを仮に週2回か3回にしてしまうと、1回の歯磨きがものすごく面倒に感じるようになると思います。

英語学習も同じで、週2、3回だと、とても面倒でやってられないですが、毎日やると不思議とそんなに面倒でもなくなってくるのです

筆者

騙されたと思って試してみてほしいです。たぶん2週間ぐらい毎日続ければ、どんな方でも面倒ではなくなってくると思います。

TOEICで点数を取るためのおすすめの勉強法3選

チェックポイント

伸び悩みを感じている方におすすめなのは、「急がば回れ」というキーワードで学習に取り組んでみることです。

筆者

遠回りのように感じても、いったん基礎を見直してみてほしいです。

「ちょっと簡単すぎる」文法学習

筆者

私はよく、中学・高校の文法をもう一度やってみることをおすすめしています。

でもTOEICは明らかに難しそうですし、

英語初心者

そんな中学の文法に戻ってたら間に合わないよ!しかももう大体わかってるし。

と思われるかもしれません。

断言できますが、文法の復習は必ずTOEICのスコアアップに役立ちます

「TOEIC用の文法」などというものは存在しませんので、塾や予備校で出版している文法書を選ぶと良いと思います。

筆者

予備校の先生は本当に教えるのが上手なんだなと、どの本を読んでいても感心してしまいます。

ぜひその恩恵を受けていただきたいです。

チェックポイント

ポイントは、「今の自分だったら簡単すぎる気がする」ところまで戻ってみることです。

実際取り組んでみると、「ほとんど知ってるな」と思うかもしれませんが、「ほとんど知ってるな」と確認すること自体が記憶の定着に繋がっていきます。さらに「ほとんど」ではなく「完璧に」知っている状態にしなくてはダメです。

筆者

内容が簡単であろうと、参考書や問題集が一冊終わると気分的にすごく爽快になりますので、そういった意味でもおすすめです


この感覚は学習を続けていく上でとても大事です。

英語の絵本を10冊読む

伸び悩み解消のためには文法学習に加えてもう一つ大事な学習があります。それが「英文の精読」です。

ありがちなのが

英語初心者

TOEICの対策なんだから、英字新聞でも読まないと!

と思って読み始めて、あっという間に挫折してしまうパターンですよね・・・。

そこで、ここでも「簡単すぎるかも」と思うところまで戻って「完璧に理解する」精読に取り組んでみてはいかがでしょうか。

おすすめは、英語の絵本を辞書を引きながらじっくり読むことです。4~5歳の子供が読むような本で良いです。

筆者

これ、やってみると本当に楽しいのですよ。

基本的にやさしい内容なので、抵抗を感じることなく読み進められますし、物語を楽しむこともできます。

やさしい内容ながらも、受験英語では出てこないような、見たことない単語や構文が出てきたりして、「ネイティブの子供は、こんな単語にも小さいときから親しむんだなぁ」と感じたり、主人公のセリフを見て「こんな言い回しをするんだなぁ」と学んだり。

ふだん実用的なビジネス英語にしか触れていなかった大人には新鮮なエンターテイメントに感じられると思います。

10冊くらい読み終わるころには精読する習慣がついて、英文を表面的にしか読まないクセが抜けていると思います。

オンライン英会話を継続する

今はオンライン英会話も安く受講できますので、初心者であっても早くから受講を検討してよいと思います。

筆者

たぶん最初はあまり話すこともできないと思うのです。

しかしこの段階では「話せない」と認識するだけでも充分です。

私も、全く英語が話せない状態で語学留学を体験しました。ほとんど何も話せない最初の数か月間を過ごしましたが、それでも結果として総合的に英語力は伸びています

なぜかと考えると、やはり「英語を話せない自分を認識すること」で、英語学習のモチベーションに繋がっていたことが大きいと思います。

「私、ほんとにやばい」と思うような体験がないと、なかなか「やらなきゃ」と思えないのですよね・・・。

初心者の場合は「いかに自分がやばいか」を感じることも大事です。

筆者

たとえ何も話せなくても、モチベーションを保つためにオンライン英会話を続けるのも一案じゃないかな?と個人的には思います。

継続のためにはコーチングがおすすめ

英語初心者

最短ルートも裏技もないのね(ガッカリ)

基礎に戻れとか、絵本を読んでみてとか、これからの長い道のりを考えるとちょっとウンザリ

筆者

そうなんです・・・英語学習とは、実はとにかく地味な一本道。

いかに毎日学習を継続するかが上達のカギとなります。

一人ではなかなか続けていくのが難しいと感じるときもあると思います。

チェックポイント

そんなときにぜひご検討いただきたいのが英語コーチングです。

英語コーチングとは、あなたに専任のトレーナーがついて、英語学習に並走してくれるサービスのことです。

  • 学習の進捗を共有してアドバイスをくれる
  • 科学的根拠に基づいて必要な学習について教えてくれる
  • 時には私生活の時間の使い方についても教えてくれる

一日数時間ミッチリと集中して学習する環境を整えてもらえるので、短期間でTOEICのスコアアップが可能です!

英語コーチングは何か特別な学習方法を教えてくれるのではなく、あなたに合った学習方法を見つけたり、学習を継続することをサポートしてくれるサービスです。

本気でTOEICスコアアップを目指すあなたの力になってくれますよ。

当サイト独自に英語コーチング(22社)をランキング。あなたにピッタリの英語コーチングサービスをツールで診断!気になる方は「英語コーチングのおすすめ比較ランキング」をご覧ください。

TOEICで点数が取れないときは「急がば回れ」を思い出そう

今回はTOEICでなかなか点数が取れないときの発想の変え方と学習方法について、ご提案をさせていただきました。

  • 目先のスコアアップではなく、本当の英語力アップを目指そう
  • ポイントは「基礎学習」と「習慣化」
  • 継続のために手助けが必要なら、英語コーチングがおすすめ

TOEICは英語力を測るためのテストですので「TOEICのための学習」になっては本末転倒です。
遠回りのようでも、まずは英語を楽しんで、本当の英語力を上げるプロセスについて一度考えてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ナンシー
海外営業事務歴15年 アラフォーママフリーライターです。 19歳のとき、英語が全くできない状態でカナダに半年間語学留学。TOEIC300点でした。その後独学で学習を続け、27歳で930点取得しました。 ほとんど国内で勉強しているのでスピーキングはニガテ。一緒に頑張りたいです♪

「英語コーチングもいいけど、もっと手軽に英語を上達したい」と思っているあなたには、コチラの動画がおすすめです。英語上級者の人は知ってるけど、英語初心者の人が意識していない「明日から英語が上手くなるヒントが満載」です。メールアドレス登録だけで”無料”で観ることができますよ
> 無料動画を見る

\あなたに最適な英語コーチングスクールを診断/
無料診断をする
\あなたに最適な英語コーチングスクールを診断/
無料診断をする