英語学習法

【TOEIC点数配分の仕組み】TOEICスコアは英語偏差値です

  • TOEICを受けてみたけど、なんとなく点数に納得できない
  • TOEICの配点やスコアの計算方法が知りたい
  • TOEICの点数配分の仕組みを知っておきたい

そんなお悩みを解決します!

この記事では、TOEICの点数配分の仕組みと、各パートの配点についてご紹介します。

今後の対策をする上で参考にしてみてくださいね。

TOEICの点数配分の仕組み

TOEIC配点の内訳

問題数配点
リーディングセクション100問495点
リスニングセクション100問495点

全体で990点が満点となります。

TOEIC配点の仕組み

TOEICは単純な加点式ではなく、受験者全体の偏差により統計的処理をしてスコアが算出されています。

単純な加点式でスコアを算出すると、テストの難易度が違うことによって同じ受験者であっても毎回のスコアに大きな変動が生じてしまうためです。

また、非常に正答率が低かった問題など、点数に信憑性が低い問題については採点から除外されたりもします。

スコアの算出方法について実は公式に公表されていないので、詳細は誰にもわからないのですが、要するにTOEICのスコアというのは、あなたの「英語偏差値」と言うことができます。

英語初心者

だから問題数が200問なのに満点が990点なんですね・・・。

TOEICスコアの換算表

次に、公式問題集よりスコア換算表をご紹介します。

こちらを見ると、素点の項目はリーディング&リスニングで共通しています。
しかし、同じ素点であってもリスニングのほうがスコアが30点ぐらい高くなる傾向があることがわかります。

リスニングセクションリーディングセクション
素点換算点範囲素点換算点範囲
96-100485-49596-100455-495
91-95445-49591-95410-490
86-90400-47586-90380-455
81-85360-45081-85350-430
76-80330-42076-80315-405
71-75300-38571-75290-380
66-70265-35566-70260-355
61-65235-33061-65235-325
56-60210-30556-60205-300
51-55185-27551-55175-270
46-50165-25046-50155-235
41-45140-22541-45125-205
36-40115-19536-40105-170
31-3595-16531-3585-140
26-3080-13526-3065-115
21-2565-11021-2555-90
16-2035-9016-2045-75
11-1510-7011-1530-55
6-105-606-1010-45
1-55-501-55-30
05-3505-15

出典:TOEIC®テスト公式問題集 新形式問題対応編

パートの配点ご紹介

TOEICは偏差によって配点が変わりますので、パートごとの配点もテストごとに毎回変わってしまいます
例えば、どこかのパートが極端に難しくて正答者が少なかった場合、そのパートの配点がゴッソリなくなってしまう、なんてこともありえます。

そう考えると、特定のパートで稼ごう!という戦法は取れないと考えたほうが良いです。

問題数だけはハッキリと決まっていますので、ご紹介いたします。

全部で200問ですので、割合を計算すると下記のようになります。

筆者

ただし配点の際にはあまりあてにならない割合だと思って下さい。あくまで参考です。

  問題数割合
リスニングPart163%
Part22513%
Part33920%
Part43015%
リーディングPart53015%
Part6168%
Part75427%

TOEIC対策について

配点の方法について見てきましたが、どのような感想をお持ちでしょうか。

このようにまとめることができます。

  • 難しい問題に答えることができても、採点から除外される可能性がある
  • 同じ素点でも、リスニングのほうが高いスコアが出る傾向がある
  • テストによって配点が違うので、特定のパートに重点を置くことはできない

初心者にこそリーディングに重点を置いてほしい

リスニングのほうが得点しやすいので、初心者はリスニングを重点的に勉強すべきという意見をよく耳にしますが、個人的にはあまりおすすめしません

と言いますのも、リスニングとリーディングは、国語と数学のようにそれぞれ独立した性質があるものではないからです。

第二言語を学ぶ際には文法などのリーディング能力が基礎となって、あとからリスニング能力が追い付いて伸びてくるものだと経験から実感しています。

たとえリスニングを先に勉強してスコアを伸ばしたとしても、それは「若干音に慣れた」程度のことであって、すぐに実力は頭打ちになります。

筆者

それよりも、中級・上級になったときの伸びを考えて、文法や読解の基礎を重点的に学習するほうが、あとあとの実力アップにつながります。

小手先のテクニックよりも基礎固めをおすすめ

英語初心者

早くスコアを伸ばしたい!

という気持ちはすごくよくわかりますが、TOEICは小手先のテクニックが通じるテストではありません。遠回りのようですが、基礎学習をおすすめします

まず、中学・高校の文法をおさらいしてみてください。英会話や多聴などのリスニング対策ではなく、どちらかというと受験英語に戻るような感覚です。

世の中には優秀な予備校の先生がたくさんいらっしゃいまして、日本人にとって本当にわかりやすく文法をひもといてくれる書籍がたくさんあります。

筆者

私もTOEIC300点時代は大変お世話になりました。

TOEICと学校で習った英語は一見遠いように感じるかもしれませんが、基礎を固めるとTOEICの文法パートも理解できるようになりますので、結果的に最短のスコアアップにもつながります。

一人では難しいと感じたら英語コーチングがおすすめ

英語初心者

基礎学習かぁ・・・

それを聞いただけで楽しくなさそうで、うんざりしてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

一人で勉強方法を確立するのは非常に難しいことです。

筆者

受験勉強だって、予備校に行かないと進まない人が多いですしね。

チェックポイント

そんなときに検討していただきたいのが、英語コーチングです。

英語コーチングとは、あなたに専任のトレーナーがついて、英語学習に並走してくれるサービスのことです。

  • 学習の進捗を共有してアドバイスをくれる
  • 科学的根拠に基づいて必要な学習について教えてくれる
  • 学習のために時間を捻出する方法も考えてくれる

一日数時間ミッチリと集中して学習する環境を整えてもらえますし、基礎固めのために何をしたらよいか具体的に考えてもらえます。

一人じゃ頑張れないと思うときも、継続するためにあらゆるサポートをしてもらえますので、その後の自走力をつけることができ、長期的に大きな成果を得ることが可能になります。

英語初心者

文法からとは、先が長いな・・・

とウンザリしてしまったアナタには、一度ご検討いただきたいです!

当サイト独自に英語コーチング(22社)をランキング。あなたにピッタリの英語コーチングサービスをツールで診断!気になる方は「英語コーチングのおすすめ比較ランキング」をご覧ください。

TOEIC点数配分は計算がフクザツですが「公平なしくみ」です

今回はTOEICの点数配分の仕組みをご紹介し、その上でTOEIC対策について語らせていただきました。

  • TOEICは受験者全体の偏差によってスコアが決まっている
  • 特定のパートに重点をおく受験対策は有効ではない
  • 初心者にこそ基礎学習がおすすめ
  • 一人で頑張る自信がわかないときは英語コーチングがおすすめ

TOEIC受験の目的は「英語力の向上」です。
本当の実力を身に着けて、ハイスコアを目指しましょう!

ABOUT ME
ナンシー
海外営業事務歴15年 アラフォーママフリーライターです。 19歳のとき、英語が全くできない状態でカナダに半年間語学留学。TOEIC300点でした。その後独学で学習を続け、27歳で930点取得しました。 ほとんど国内で勉強しているのでスピーキングはニガテ。一緒に頑張りたいです♪
\あなたに最適な英語コーチングスクールを診断/
無料診断をする
\あなたに最適な英語コーチングスクールを診断/
無料診断をする